Search

  毎日にもっと楽~を! BLOG Tokyo

2005年9月 9日

No result afrer 11 hours

朝9時から夜8時までかけて試したことがあったのだが、結局無理っという結果に終わってしまった。あー、目が疲れた。

Windows2000serverにはDisutributionフォルダを作って、そこにi386フォルダをコピーしとくと、クライアントはCDを使わないでサーバからOSをインストールできるのだ。どうやって?


実はSeverを使わなくてもできるんだけど。Netbuei(スペル自信なし)のブロードキャストベースで通信するので、DOSで起動してサーバーにアクセスすればいいらしいんだけど。

DOSでLAN内を通信する方法は、3つあるらしいんだが、今日は、WorkgroupConnectionというのと、MSLanmanagerを試した。前者はドメインにアクセスできない。CD使えばいいじゃんって話になるんだが、CDを内蔵していないノートパソコンや、明日試す予定のサービスパック適用済み&無人インストールのOSイメージをそのDisutributionフォルダにコピっておくと複数台にインストールしないといけない場合とか楽かなぁなんて思ったんだよなぁ。

まだ、MCSAの本がドミに置きっぱなしになっているので、断言できないが、11時間を浪費した感想は、やめたほうが。。。

どちらも壁にぶち当たるのは、NICのドライバー。これが、NDNIS2とか、MSLANMANAGERとかメーカーから添付されているフロッピーに入っているにもかかわらず読み込んでくれない。File Corraputed?はぁ?って感じで。ネットでいろいろ調べると、Protocol.infを修正しろだのいろいろ助言があるが、無理ですから。つらいっつーの。これをいちいち、違うNICごとにやらないといけないと思うと、さっ、素直にCD使いましょう!という結論至ったわけです。

*BIOSの設定で、PnP OS 又はPnPdevicesをDisableにしないとうまく行かない。



Bookmark and Share


編集長のおすすめの一冊!2010

comments

comment form

(BLOG Tokyo にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form