Search

  毎日にもっと楽~を! BLOG Tokyo

2008年7月26日

シルクロードをゆく 12 - トルファン駅からオフロード

トルファンの車窓から景色を眺めたり、読書したりしていると、いつの間にトルファン駅に着いていた。読みふけってしまい危うく降り損ねるところだった。ここで降り損ねると、都内で終電を降り過ごすより悲しい。たぶん、戻ってくるのに10時間くらいかかるかも。

トルファン駅に降り立つと、なんか臭い。いや、けっこう臭い。うーん。シルクロード。ちょっと奥地に来たかなという感じ。

駅を降りても、人がまばら。変なやつも寄ってくるが、市街中心部へ行くバスがあると地球の歩き方にあったが、そんなもんは見当たらない。むむ。

しかも、怪しい運転手が連れて行くというが、明らかに怪しく話を聞く気になれない。ちょっと高くてもタクシーはないか調べるが、タクシーもない。この怪しい運転手の言い値で乗らざるを得ないのだろうか。

少し歩く。バス停はないか街行く人に聞く。まっすぐ行って、右に曲がればバスターミナルだそうだ。その間、怪しい運転手は車で追ってくる。なかなかの感じの悪さだ。

運転手のプレッシャーを背中に感じつつ、バスターミナルを探す。15分くらい歩くとバスターミナルを発見した。安堵感で、オアシスを感じちゃいましたよ。そこで、セキュリティのおばさんが、ぶどうをくれた。ここまでくれば一安心。

ミニバスは20分に一本の間隔で運行しているというが、車内で待つこと30分。ジャマイカの乗り合いバスのように、1,2時間待つ覚悟ではいたが、そんなことにはならなかった。車の中は蒸し暑い。

トルファンから市街へは1時間くらいかかる。しかも、乗り合いミニバスの経路はオフロードだ。荒涼とした砂漠のオフロードをボロボロのバスで走る。

思い出深いです。

動画でどうぞ。






Bookmark and Share


編集長のおすすめの一冊!2010

comments

comment form

(BLOG Tokyo にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form