Search

  毎日にもっと楽~を! BLOG Tokyo

2008年7月30日

ホノルルマラソン - 飛行機が満席だ

7月30日現在。

ホノルルマラソンは12月14日(日)でかなり先の話だ。先日登録料を1万5千円振り込んで、あとは宿と飛行機を押さえるだけ。ハワイなんだから、たくさんあるだろう、ちょっと早いほうかなと思っていたら、甘い甘い。すべてキャンセル待ち。しかも待ち人数が70名というのだからすごい。増便の期待は当然あるのだが、ちょっとびっくりした。それもそのはず、数字を見れば、昨年は27,829名(内日本人17,056人)がエントリーしたそうだ。日本から17,056人の人がホノルルをその時期に訪れたのだから。

さて、最近の原油高。本体価格が各社10万円前後なのだが、燃油超過量というものと、空港税などが5万円近く加算される。この時期は安くても15-17万円になるのだ。

さてキャンセル待ちだが、どうもキャンセルを待っている順に順番が回ってくるものでもないらしく、予約金などを入金すると順位が上がるそうだ。そうすると必然的にJTBなどの大手のほうが強くなる。ハワイのような超ドル箱路線ではH.ISと比べてもJTBなど大手でも割高ではないので、印象は悪くない。

教訓
ホノルルマラソンに行くには、ホノルルマラソンツアーに参加するか、かなり早めに予約しよう。ちなみに飛行機のチケット販売日も6ヶ月前から販売など事前制限があるので、1年も前から予約できるものでもない。マイルを使って正規運賃で行くのが楽だ。

航空燃油サーチャージ[貿易]
jet fuel surcharge

原油価格の高騰に影響されて航空燃料の相場が上昇し、航空業界も航空貨物運賃の見直しを迫られた。日本貨物航空など国内の航空会社が、航空燃料の高騰分を輸出入業者にも負担を求めようとする航空燃油サーチャージ(割増料)。国土交通省の認可を必要とする。当然、荷主にとっては輸出入コストの上昇につながる。

出典:現代用語の基礎知識






Bookmark and Share


編集長のおすすめの一冊!2010

comments

comment form

(BLOG Tokyo にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form